ダイヤモンドの買取価格に関わる4Cとは?

ダイヤモンド買取の相場価格は必ず調べよう!

Google

ダイヤモンドの買取価格に影響を及ぼす4Cについてまとめています。相場価格もこれで出されるので理解しておきましょう。

ダイヤモンドの4Cはご存知でしょうか。

カット、カラー、クラリティー、カラットのことですが、これがダイヤモンドの買取に影響するのです。

ダイヤモンドの買取価格に関わる4Cについてまとめておきますので参考にしてくださいね。

【ダイヤモンドの4Cについて】

カットは4Cの中で唯一人が関与するものです。

ダイヤのカットにより、輝きが違ってくるからです。

カットの評価はエクセレント、ベリーグッド、グッド、フェアー、プアーの5段階で、エクセレントが一番高評価です。

カラーはダイヤの石の色のことで、無色に近いほど価値が上がります。

クラリティーは傷や内包物の有無のことで、全く何もない無欠陥から肉眼で確認できるものまであり、何もない方が高価になります。

カラットはダイヤの重さのことで、大きさではありません。

1カラットは0.2グラムとなっています。

カラット数が大きくなれば石も大きくなり、高くなります。

【4Cは鑑定書に書かれている】

ダイヤモンドの4Cを確認して買取相場が出されるわけですが、ダイヤモンドを購入した時に鑑定書が渡されたと思います。

それに4Cが必ず記載されていますので、ダイヤモンド買取の際は鑑定書を見て査定されることが多いです。

しかし、昔に出された鑑定書の中には信ぴょう性がないものもあるので、ダイヤモンド買取店では再度鑑定士が鑑定し、査定額が出されるのです。

買取相場額を事前に調べておき、出された査定額と比較するようにしましょう。

◎宝石にまつわる豆知識:宝石の意外な豆知識4つ「ルビーとサファイアは実は同じ石」「ダイヤの品質4C」 - Peachy - ライブドアニュース

記事RANKING

MENU


Copyright (C) www.judychu.net. All Rights Reserved.