葬儀における献花の作法がわからない。間違えないための基礎知識

知られざる千葉 葬儀アドバイスサイト

知られざる千葉 葬儀アドバイスサイトのメインイメージ

千葉県では少ないが、葬儀で献花を行うことがある。その時の作法と気をつけるポイントについてまとめた。

葬儀における献花の作法がわからない。間違えないための基礎知識

献花は最後の別れで故人をお祈りする大切な儀式です。

その場でしっかりと振る舞えるように献花のやり方の把握は大切です。

日本では仏教、神道、キリスト教など多くの宗派があります。

葬儀も故人の宗教によって執り行われる形式が変わってきます。

千葉県では少ないですが、仏教における焼香がキリスト教や無宗教の場合では献花で行われることがあります。

動作は焼香とさほど違いはありませんが、花の向きに注意して献花する必要があります。

◎葬儀の献花とはなんでしょう

献花とは葬儀の際に遺族や参列者が一人ずつ最後の別れを行う場面において花をお供えする行為のことを言います。

主に無宗教やキリスト教の葬儀において行われることがありますが、仏教においても出棺の際に供花という形で花をお供えする場面が見受けられます。

◎献花にかかる費用はどのくらいでしょう

花の大きさや種類、本数によりますが、平均相場は1万円~3万円ほどかかると言われています。

◎献花の作法とは

献花が始まると喪主、家族、親族、参列者といった故人に近い方が順に献花を行います。

用いられる花は白いカーネーションや白いバラといった白系のものになります。

自分の番になったら係りの方に一礼して両手で花を受け取ります。

その足で祭壇の手前まで進み、ご遺族、司会、故人(祭壇)に対して一礼を行います。

そして、花部分が右手側にくるように180度回転させてお供えします。

お供え後には故人、ご遺族、視界に再度一礼をして席に戻ります。

実際に行ってみないとわからないこともあるかと思いますが、基本的には前の人の動きを見ることでやるべき作法がわかってきます。

知られざる千葉 葬儀アドバイスサイト

Copyright www.judychu.net All Rights Reserved