葬儀での挨拶はどのようなことを伝えればいいのか

知られざる千葉 葬儀アドバイスサイト

知られざる千葉 葬儀アドバイスサイトのメインイメージ

避けるべき言葉やカンペの有無など、葬儀の際に行う挨拶のポイントや良くある疑問について、具体的にまとめた。

葬儀での挨拶はどのようなことを伝えればいいのか

葬儀のようなかしこまった場における挨拶は事前に準備しておく事が大切です。

故人や参列者に対して感謝を伝えられるようにしましょう。

葬儀には喪主や親族から挨拶を行う場面があります。

故人を失った悲しみからうまく挨拶を行えない場合もよくあることです。

また、初めてのことで何を言えば良いのかわからないこともあるでしょう。

◎挨拶では何を話せばいいのでしょうか

挨拶では主に2つの内容で、故人に対するご冥福とお祈りの言葉と参列者に対するお礼の言葉を述べます。

故人に対しては、良い人柄や思い出を語り、お祈りや別れを告げる言葉をかけます。

参列してくださった方には素直に感謝の気持ちや、故人の想いもあれば伝えるのが良いでしょう。

上手に話すことを意識する必要はありません。

地元である千葉県の方言などが出てしまっても問題ありません。

◎カンペを読みながらでも大丈夫です

葬儀の挨拶には普段使わないような難しい言葉が使われる場合があります。

また、疲れや緊張から言葉が出てこなくなることもあるので、読む内容を紙に書いておくのがおすすめです。

参列者が感動するような言葉を考える必要はなく、感謝と故人に対する言葉を1?3分程度になるように準備するのが良いです。

◎不吉な言葉は避けます

※参考…「ご愁傷様です」を使ってはいけない場面とは? | ニコニコニュース

葬式の際に避けた方が良い言葉は「わざわざ」「ますます」といった不幸が重なることを連想させる言葉があります。

また、「死亡」や「生存中」といった生々しい葬儀の場には相応しくない言葉はさけるようにして、「逝去」や「生前」といった言葉に変えて使用します。

葬儀の挨拶は喪主や故人の孫にあたる方が行うのが一般的になっています。

「逝去」はいきなり起こる事が多く準備もしにくいため、最低限の挨拶ができるように下書きなどを用意して臨みましょう。

知られざる千葉 葬儀アドバイスサイト

Copyright www.judychu.net All Rights Reserved